炭水化物が太りやすい理由

ダイエットというと、お米やパン、うどんなどの炭水化物は控えましょう!といわる事が多いですよね。

 

ですが、そもそもなぜ炭水化物をたくさんとると太りやすくなってしまうのでしょうか?

 

うどんやパスタなどの精製された糖質(炭水化物)を摂ると、血液中の血糖値が上昇します。すると体内では血中の血糖値を下げるためにインスリンというホルモンを分泌します。

 

食後の血糖値

 

このインスリンの働きによって血糖値は下がりますが、このインスリンには脂肪を溜め込む働きがあり、血糖値の上昇が高ければ高いほどインスリンが分泌されどんどん体に脂肪を蓄積されます。

 

炭水化物を摂りすぎると太ってしまうのはこのためです。

 

お腹が空くと、どうしても炭水化物を多く摂りがちです。これを防ぐには食事の順番を変えることが必要です。

 

食事の最初に野菜を多く食べることで、お腹が満たされてきます。次にタンパク質を摂り、最後に炭水化物を取るようにします。

 

満腹感

中には主食もおかずも炭水化物という人もいるかもしれません。これは明らかに炭水化物の摂りすぎです。一緒に野菜やたんぱく質も摂り、バランスの取れた食事を送るように心がけたいものです。

 

簡単に食事を済ませようとすると、どうしても炭水化物が中心の食生活になりがちです。

 

外食やテイクアウトの場合でも、野菜を追加して摂るようにしましょう。野菜ジュースがあるだけでもかなり違います。体脂肪が多いと肥満体質になってしまいます。

 

見た目が太っていなくても体脂肪が多ければ肥満になってしまいます。また、1日のカロリー摂取が満たされていても、そのほとんどが炭水化物だと、身体に必要なビタミンやミネラルなどが不足してしまい、肥満体型でも栄養失調になってしまいます。

 

炭水化物の摂りすぎは肥満になるだけではなく、さまざまな生活習慣病のリスクが高まります。さらにうつ病などの精神疾患になる可能性も出てきます。

 

体脂肪が多い人は炭水化物を減らした低糖質ダイエットがお勧めです。

 

プレミアム酵母の口コミとダイエット効果検証はこちら