酵素と酵母の違いとは?

酵母と酵素の違い

今では酵素ドリンク、酵母サプリメントなどダイエット商品に二つの言葉をよく見かけるようになりました。

 

ですが、この二つはどのように違うのか、明確にわかっている人も少ないのではないでしょうか?実はダイエットの働きを見た時、この二つには大きな違いがあります。

 

酵素とは?

酵素とは

酵素は私たちの体の中で起こっている様々な化学反応を促進する「タンパク質」です。

 

食べたものを消化・吸収し、代謝を行い不要なものを排出する働きも酵素の働きがあってスムーズに行われます。

 

酵素は年齢とともにどんどん減少していきます。なので昔と同じ量を食べていると太ってしまうのは体内の酵素の量が減り、消化できる量が減ったり、代謝が低下していくからなんですね。

 

また年齢とともに臓器も老化するので老廃物の排出作用も若い時と比較し劣ってしまいます。

 

酵母とは?

酵母とは

酵母は目に見えないほどの小さな「生き物」で、お酒や味噌、しょうゆ、パンなどの発酵食品を作るのに酵母が利用されています。

 

生きている生物、と思うとタンパク質である酵素とは全然違った生き物であることがわかりますよね。

 

酵母は「酵素を作りだしている」生物で、酵素のお母さん的な存在です。酵母は胃酸に強いので胃を通り越して腸内で酵素を生み出してくれます。

 

プレミアム酵母を飲んでからガスが発生しやすくなるのはこの酵母の発酵の力のせいなんですね。

 

酵素と酵母を使ったダイエットの違い

酵素と酵母の違い

酵素そのものに脂肪を燃焼させたりカロリーをカットする働きはありません。

 

酵素は栄養価が高く、消化・吸収を良くして代謝を高める働きがあるので、酵素を用いながら運動をしたり、摂取カロリーを減らすと酵素が上手く働いて痩せることができます。

 

一方、酵母はカロリーをカットする働きがあります。なので食事制限をしなくてもいつもと食べる量が変わらなければ自然にカロリーカットされダイエット効果が得られます。

 

酵母ダイエットは時間がかかりますが、普段食べながらダイエットをしたいという人に向いているのはこのためなんですね。

 

 

簡単に酵素と酵母の違いをお話しましたがいかがでしたでしょうか?急激に痩せたいのであれば酵素ドリンクで置き換えダイエット、時間がかかってもいいから無理せずダイエットがしたい方は酵母ダイエット向きです。

 

自分の体調や性格を考えながらどちらのダイエットを実践するか検討してみてくださいね。

 

プレミアム酵母の口コミとダイエット効果検証はこちら